どうして私ばっかり!!

こんにちは。

東京 世田谷の心理セラピスト 満月みつきのりこです。

 

「どうして生きるのがこんなに辛いの?」

「どうして自分らしく生きられないの?」

繰り返すそのお悩みを

リトリーブサイコセラピーで

根本から解決します。

 

あじさいの季節ですね。

あじさいは土壌によって

色が変わるのだそうです。

 

土壌が酸性なら青色に

アルカリ性なら赤色になるそうです。

どちらも綺麗ですよね。

 

 

今日は「どうして私ばっかり!」と

思ってしまう心理について

考えてみようと思います。

 

このように思うことはありませんか?

 

・職場では自分だけが面倒な仕事や残業を押し付けられて

「どうして私ばっかり!」

・家庭では共働きなのに自分が家事や育児を一手に引き受けていて

「どうして私!ばっかり!」

・友人やパートナーには自分だけが損な役回りで

「どうして私ばっかり!」

 

そのようなとき

どのような態度をとっていますか?

 

イライラを表に出してしまい

周りの人に引かれたり

相手を怒らせたりしてしまう?

 

それとも

本当はとてもイライラしているけれど

「大丈夫」や「いいよ」と言って

笑顔でその場を収めてしまう?

 

どちらにしてもこのままでは

心が辛いですよね。

 

 

「私ばっかり!」と思ってしまうとき

心の中では何が起きているのでしょうか?

 

私ばっかりということは

誰かと比べて不公平だと

感じている状態ですよね。

 

・私ばっかり損をしている

・私ばっかり我慢をしている

 

このときに感じているのは

このような感覚なのかもしれません。

 

私はこんなに頑張っているのに・・・

私はこんなに我慢しているのに・・・

私だって一生懸命やっているのに・・・

 

・私のことはわかってもらえない

・私は大切にしてもらえない

 

そうですよね。

本当はもっとわかりあったり

お互いを大切にできる関係で

いたいですよね。

 

それをその場で適切に

表現することができないから

「私ばっかり!」というイライラに

なってしまうのかもしれません。

 

「私ばっかり!」と思う人は

・断れない

・人に頼れない

・人に任せられない

・人に甘えられない

・役に立っていたい

・認められたい

・自分の意見を言うことが苦手

という傾向が強いかもしれません。

 

きっと今まで

いい会社員

いい部下(上司)

いい妻(夫)

いい母親(父親)

いい友人(パートナー)

いい娘(息子)

でいるために頑張ってきたのだと思います。

 

この感覚は小さなころから

ずっと持っている気がしませんか?

 

このような言葉を掛けられた人も

いるかもしれませんね。

 

「お姉ちゃん(お兄ちゃん)なんだから。」

「長女(長男)なんだから。」

「女(男)なんだから。」

 

本当は気持ちのままに

自由に表現したかったのに

そう声を掛けられて

自分の気持ちをなかったことに

したのかもしれません。

 

あるいは

お姉ちゃん(お兄ちゃん)ばかりが

いつも優遇されていて

それに比べて妹(弟)の私は

大事にしてもらえない気がして

私ばっかり!と感じていた人も

いるかもしれません。

 

 

どうして自分の気持ちを

なかったことにしてしまったのでしょう?

 

・親から我慢しなさいと言われた

・親がかわいそうに見えたから

・怒られそうだったから

・なんとなく言えない雰囲気だったから

 

そうやって自分の気持ちを

なかったことにしていたら

・褒められた

・家族でいられた

・居場所があった

 

そして私のことを

もっと愛してくれるかも

そう期待していたのかもしれませんね。

 

あのときは

そうするしか方法がないと

きっと思っていたでのすよね。

 

子供の頃の気持ちを

振り返ってみたら

本当は

とても嫌だった

とても怒っていた

とても悲しかった

とても悔しかった

でも嫌だと言ったら

どうなるかわからなくて怖かった

のではありませんか?

 

リトリーブサイコセラピーでは

現在のお悩みから

幼少期に表現したくてもできなかった

感情も取り扱います。

 

悲しみや恐怖を癒し

安心感を感じるようになると

我慢することなく自然と

自分の気持ちを表現できるようになりますよ。

 

「どうして私ばっかり!」から

そろそろ卒業してみませんか?

 

★お知らせ★

どうしても我慢してしまうあなたに

お勧めのイベントがあります。

まだ間に合いますよ!

【東京】公認心理セラピストによるオープンセッション

2019年6月2日(日)

 

★モニター募集中!<女性限定>

感想を書いていただけるモニターを

特別価格で募集しております。

よろしければこちらからお申し込みくださいね。