ブログ

心が空っぽ・・・それはなぜ?

こんにちは。

東京 世田谷の心理セラピスト 満月みつきのりこです。

 

「どうして生きるのがこんなに辛いの?」

「どうして自分らしく生きられないの?」

繰り返すそのお悩みを

リトリーブサイコセラピーで

根本から解決します。

 

さわやかな気候が

続いていますね。

 

5月は私の好きな季節の

ひとつです。

それは苗を植える季節だから♪

 

今年も畑を借りました。

先日ソラマメに花が咲きました。

夏の収穫が楽しみです♪

 

慣れない自粛生活で

気づかないうちに

疲れがたまっている方も

いらっしゃるかもしれませんね。

 

好きなことをしたり

一人でゆっくり過ごす時間を持つなど

うまくストレスを発散して

自粛生活を乗り切りたいですね。

 

 

今日は心が空っぽな理由について

考えたいと思います。

 

自分は空っぽだな・・・

そう感じたことは

ありませんか?

 

私も子供の頃からずっと

この空っぽな感覚を

感じてきました。

 

学校に通ったり仕事をしたり

楽しいこともそれなりにあるけれど

なぜかいつも心が満たされない

そんな感覚なんですよね。

 

心が空っぽな人ってどんな人?

 

大切な人や物を失った時

心にぽっかり穴が開いたような

感覚を経験したことがある人は

多いかもしれませんね。

 

一時的ではなく

以前からずっと

心が空っぽな感覚がある場合

もしかしたらこのような

状態になっていませんか?

 

【過剰な自分磨き】

このままではダメ!

自分を変えようとして

外見に異常に気を使ったり

たくさんの習い事をする。

 

【摂食障害】

お腹が空いていないのに食べたり

お腹がいっぱいでも

食べずにはいられない。

いつも食べ物が近くにないと

落ち着かない。

 

【買い物依存症】

買った時の一瞬の高揚感が欲しくて

借金をしてまで必要以上に買い物をする。

買ったものは使わなかったりする。

 

【恋愛依存症】

パートナーがいないと

生きていけないと思う。

相手のためには何でもする。

 

【アルコール・薬物・ギャンブル依存症】

止めたいのに止めることが

できない。

アルコール依存症では飲み方を

コントロールできない。

 

【ネットやゲーム依存症】

日常生活に支障をきたすほど

過度にネットやゲームに熱中する。

 

嫌な感覚があるからこそ

空っぽを何とかしようと

物や人や事で埋めようと

しているんですよね。

 

でも決して埋まるこことは

ないのです。

 

本当に欲しいものとは

違うから・・・。

 

そして自分の好きなことや

やりたいことがわからないのも

空っぽを感じる人の特徴です。

 

 

空っぽな所にあったのは・・・

 

自分が空っぽと感じるのは

本当に嫌な感覚ですよね。

 

「なんで私は生きているんだろう」

「私って生きている価値ないよね」

そんな風につぶやきたくなるかも

しれません。

 

空っぽと感じるということは

そこには「何かが入っているのが

心地いい状態」あるいは

「過去には何かが入っていた」

のかもしれませんね。

 

それはいったい

何でしょう?

 

その一つは

「自分はただ居るだけでいい」

「自分は愛されている」

「どんな自分でも大丈夫」という

温かい感覚や穏やかな気持ち

つまり安心感ではないでしょうか?

 

そしてもう一つは

「これが好き」「これは嫌」

「あれをやりたい」などの

自分の気持ちや本音

つまり自分自身ではないかと

私は思います。

 

空っぽになってしまったのは

このような理由があると

考えられます。

 

■ 虐待・ネグレクト

■ 親が精神的に未熟

■ 親の離婚や死別

■ 親戚をたらい回しにされた

 

これは主な養育者との間に

温かい関係を築き損ねている

心に安心感がない人です。

 

また自分を空っぽにしておかないと

生きることが難しかった人も

この感覚があると思います。

 

本来は自分の意志や感情があるのに

誰かの思いを飲み込んできた人

つまり自分ではない

誰かの人生を生きていたり

何かしらの役割を

背負って生きてきた人です。

 

例えば

■ 親が不幸に見えた

■ 親の支配が強い

■ 過保護・過干渉

■ いい子を求められてきた

■ 死んだ兄弟の身代わりと言われた

■ 家の跡取りと言われてきた

■ 親に障害がある

 

 

空っぽな心を満たすには?

 

空っぽの心を満たすには

どうしたらいいのでしょう?

 

私が一番効果的だと思うのは

自分の話を聞いて

共感してくれるし

相手も本音を言ってくれる

自分をただそのまま

受け入れてくれる存在を

持つことです。

 

人と思いやりや優しさで

繋がった温かい関係を

築くことができれば

空っぽの心も少しずつ

満たされていくはずです。

 

大人になってから

このような関係を築くのは

難しいかもしれませんね。

 

身近にそのような人がいない場合は

同じような悩みを持つ

グループなどへ参加してみるのも

いいかもしれません。

 

リトリーブサイコセラピーの

基礎コースもその一つです。

(東京は6月から基礎コースが始まります)

 

そして自分の本音を感じたり

表現することは

とても怖いことだという感覚を

心理セラピーなどで癒して

過去のものにしていくことです。

 

その気になれば

いつからでも自分の人生を

取り戻すことができると

私は思っています。

 

自分のことを

諦めないでくださいね。

 

★ お知らせ ★

 

【東京】リトリーブサイコセラピー 基礎コース

6月スタート 募集開始!

 

【大阪】公認心理セラピストによる1dayセミナー

~共依存を解決して自分を生きる1dayセミナー~

5月17日(日)開催

オンラインでの受講も可能となりました!

 

【生きづらさに悩む毎日から解放されて、私らしく生きたい方へ】

【無料】メールマガジンもっと私らしく生きよう!では

心理セラピー・カウンセリング料金の割引・先行予約をお知らせしています。

ぜひこの機会にご登録ください。

★ ご登録はこちらから ★

 

遠方の方やお悩みの整理には

電話カウンセリングがお勧め!