ブログ

どうして私だけ雑に扱われてしまうの?

こんにちは。

東京 世田谷の心理セラピスト 満月みつきのりこです。

 

「どうして生きるのがこんなに辛いの?」

「どうして自分らしく生きられないの?」

繰り返すそのお悩みを

リトリーブサイコセラピーで

根本から解決します。

 

だんだん日が伸びてきましたね。

東京は2月とは思えないくらい

暖かい日が続いています。

 

まだまだウイルスによるニュースも

続いていますね。

花粉も飛び始めているので

早くマスクが店頭に並んでほしいですね。

 

 

今日は雑に扱われてしまう心理について

考えてみようと思います。

 

雑に扱われてしまう人とは?

 

このようなことはありませんか?

 

・職場で雑用や残業を私だけ押し付けられてしまう

(どうしていつも私だけ?同僚は早く帰れていいなぁ・・・)

 

・友達グループで私の意見だけ聞いてもらえない

(え?いつの間に?旅行先やお店などがいつも勝手に決まっている・・・)

 

・パートナーに都合よく利用される

(私の気持ちなんてどうでもいいのかな?悲しい・・・)

 

・よくドタキャンをされる

(私にも都合があるんだけどな・・・)

 

 

このような状態になってしまうと

辛いですよね。

自分の意見を聞いて欲しいし

自分の存在を尊重して欲しいですよね。

 

どうしてこのように

なってしまうのでしょうか?

 

雑に扱われてしまう理由

 

もしこれが自ら雑に扱われる立場を

選んでいるのだとしたら・・・?

 

えーっ!

そんなはずないよ!

と言いたくなりますよね。

 

誰だって自分のことは

大切にして欲しいはず・・・。

 

うん。その気持ちはとても

よくわかります。

 

ではもし周囲の人から

とても大切にされて

いつも優しく接してもらえたら

どのような気持ちになると思いますか?

 

なんだか落ち着かない

胸がザワザワする

いいのかな?と疑問がわいてくる

居心地が悪くて逃げだしたくなる

 

もしこのような状態になるのなら

自分のことを大切にして欲しいけれど

心の底では大切にされたら困ると

思っているのかもしれません。

 

これはどういうことでしょうか?

 

例えば

綺麗に整えられて手が掛けられていると

わかる場所を汚したり

一目で大事にされているとわかるものを

雑に扱うのは気が引けますよね。

 

でも、元々乱れていたりする場所に

ゴミを捨てたり

ボロボロになっているものを

雑に扱うことはあまり抵抗なく

できるのではないでしょうか?

 

もしこれが人にも

起きているのだとしたら・・・?

 

自分のことを一番大切にしていないのは

自分なのかもしれません。

 

自分のことを嫌いだったり

私なんて・・・と

自分のことを雑に扱っていませんか?

 

そう思っていることは

なんとなく周囲にも伝わるのですよね。

 

周囲の人に「雑に扱ってもまぁいっか!」と

思わせてしまう何かがあるのかもしれません。

 

自分が自分を大切にしていないので

人から大切にされると

違和感が出るのも当然ですよね。

 

もしこのまま雑に扱われ続けたら

怒りをためて突然キレて

全てをぶち壊してしまうかもしれません。

 

自分の存在がいらない気がして

消えたくなってしまうかもしれません。

 

 

このような感覚がありませんか?

 

このような気持が

心の奥にある気がしませんか?

 

私さえ我慢すればいい

どうせ私が悪いんだ

自分はどうでもいい存在だ

話(愚痴)の聞き役でいればいい

嫌なことはなかった振りをしよう

 

本当は心も体もボロボロなのに

そう思わずにはいられない。

これでは自分を大切にしているとは

言えないですよね。

 

相手をいい気分にさせて

自分はいろいろなことを我慢する。

 

でも・・・

嫌なのに止められないのは

そうしていれば

いいこと(二次利得)

あるからなのです。

 

例えば

■ 嫌なことを我慢していれば嫌われない

■ 理不尽なことを受け入れていれば関わってもらえる

■ 愚痴を聞いていれば居場所がある

■ 周りを優先していれば認めてもらえる

など

 

幼少期の家庭環境

 

雑に扱われてしまう人は

幼少期にこのような家庭環境の人が

多いかもしれませんね。

 

■ 親が可哀そうに見えた

■ 親からいつも否定されてきた

■ 親にとってのいい子を求められてきた

■ 兄弟と比較されてきた

■ 性別の否定

■ 「いらない存在だ」と言われた

■ 虐待・ネグレクト

 

 

雑に扱われないためには

 

雑に扱われないためには

雑に扱われることで得ていたもの

(二次利得)を手放すと決めることです。

 

そして自分を大切にすることだと

私は思います。

 

「今日から自分を大切にする!」と

決めてもどうすればいいの?と

思う方もいるかもしれませんね。

 

自分を大切にすることとは

本当に好きなものを選んだり

自分の本当の気持ちを

大切にして表現することだと

私は思っています。

 

そして頑張ったと感じる時には

できていない小さなところを

ダメと責めないで

よく頑張ったねと

たくさん自分を褒めてくださいね。

 

なんだか子育てに似ていますね。

そう。心の中にいる小さな自分を

たくさん褒めてあげると

いいと思うのです。

 

きっと今まで存在を無視されたり

ずっと適当に扱われて

悲しい思いをしているはずだから。

 

二次利得を手放したり

自分を大切にすることに

挑戦したけれど難しかったと

感じた方もいるかもしれませんね。

 

今まで本音を感じないように

自分を表現しないようにして

雑に扱われることで

命を繋いできたのですから

そこに大きな恐怖が

あるのは当然ですよね。

 

この恐怖はとても大きなものです。

もし一人で解決できないと感じる場合は

心理セラピーがお役に立てるかもしれません。

 

★ お知らせ ★

 

【大阪】リトリーブサイコセラピー 基礎コース

3月スタート 募集中!

 

【生きづらさに悩む毎日から解放されて、私らしく生きたい方へ】

【無料】メールマガジンもっと私らしく生きよう!では

心理セラピー・カウンセリング料金の割引・先行予約をお知らせしています。

ぜひこの機会にご登録ください。

 

★ ご登録はこちらから ★

 

★モニター募集中!<女性限定>

ご感想をいただけるモニターを

特別価格で募集しております。

こちらからお申し込みください。

 

遠方の方やお悩みの整理には

電話カウンセリングがお勧め!