透明な存在になりたい【人が怖い】

こんにちは。

東京 世田谷の心理セラピスト 満月みつきのりこです。

 

「どうして生きるのがこんなに辛いの?」

「どうして自分らしく生きられないの?」

繰り返すそのお悩みをリトリーブサイコセラピーで

根本から解決します。

 

少しずつ日が伸びてきましたが

まだまだ寒い日が続きますね。

 

風邪やインフルエンザが流行っていますね。

私のかかりつけ病院の看護師さんによると

今年は高熱が出なくてもインフルエンザに

罹っている人も多いので、体調に異変を感じたら

早めの受診がお勧めだそうですよ。

 

 

今日は「マスクを外せない心理」について

考えてみようと思います。

 

最近マスクをしている人が多いですよね。

私が子供の頃はマスクというと

白いガーゼのイメージだったのですが

最近は色が選べたり小顔効果など

いろいろなマスクがありますね。

 

感染症予防や咳エチケットとしての使い方以外に

マスクをしていると安心を感じる人はいませんか?

 もしかしたらそれは心理的な問題を

抱えているのかもしれません。

 

以前NHKで「自分を隠したい 広がるマスク依存」という番組が

放送されました。

 

番組の中でマスクをする人へのインタビューです。

「(人に)見られてるという妄想じゃないんですけど、そういう視線を感じたりしたときに、顔真っ赤になっても”マスクしているから大丈夫だ”と自分に言ったりしています。」

 

「今の職場では取りたくないです。
不安ですね、(マスクを)外すとなると。
守られてる感があるので。」

 

「初対面とか、苦手な人がいるところだったり、人がいっぱいいるところとか。
顔が隠れている安心感で、いろんなことをシャットダウンできるような気がします。」

 

インタビューではどれも人が関わる場面ですね。

共通するのはマスクをしていると

安心を感じているようです。

 

マスクに依存してしまうのは

そもそも人が怖いからだと私は思います。

 

■  「人が怖い」という自覚はありますか?

「人が怖い」と言われてピンときますか?

私の場合は自分が人を怖がっているなんて

思っていなかったのです。

 

ごく普通に社会人として生活しているし

友人もいるのに?と思っていました。

子供の頃からその状態が当たり前すぎて

怖いと感じていることに気づいていなかったのです。

 

人を恐れる気持ちは誰にでも多少あると思いますが

もし日常生活に支障を感じるのであれば

解消していきたいですよね。

 

当てはまる人はもしかしたら自覚がなくても

人が怖いのかもしれません。

 

◇ マスクや髪の毛で顔を隠すと安心する

◇ 周りの目が気になる

◇ 目立つ服を着ない

◇ みんなと同じでないと不安

◇ 自分の意見は言わない

◇ 声が小さい

◇ 雑談が苦手

◇ 人と親しくなりかけると離れる

◇ 人といると緊張する

◇ 人がたくさんいる場所では気配を消す

◇ 人を信用できない

◇ 本音を言えない

◇ SNSでは顔を出さない

◇ 電話が苦手

◇ 買い物、アルコール、ギャンブルがやめられない

◇ 過食など摂食障害

◇ 死にたい、消えたいと思う

 

 

■ 人が怖くなった背景

どうしてこんなに人が怖くなってしまったのでしょう?

それは過去のどこかで人によって

深く傷ついてしまったからですよね。

 

もうあの時のような思いはしたくないから

怖がることによって人を避け

自分を守っている状態なのですね。

 

もしかしたらこのような経験をしているのかもしれません。

■ いじめにあったことがある

■ 親が人付き合いをしない

■ 喧嘩が絶えない家庭だった

■ 愛情や共感がない家庭だった

■ 親から「できたことを自慢するな」などと言われた

■ 親が支配的だった

■ 親から「どうしてできないんだ」などと言われた

■ 感情を出すことを禁止されていた

■ 家族が多くて見てもらえなかった

■ 過保護、過干渉

■ 虐待、ネグレクト

 

また日本人は、人に迷惑をかけてはいけないという感覚が強いので

 そのあたりも人が怖くなる原因のひとつかもしれませんね。

 

番組の中で精神科の先生はこのように言っていました。

 「他人に自分の喜怒哀楽を読まれずに済みますから、自分がどのように相手に見られているか気にしないで済む。マスク依存を続けていると、社会との壁を高く作ってしまう。ひきこもりに陥ってしまう危険性もある。」

https://www.nhk.or.jp/ohayou/digest/2017/02/0201.html より引用

 うん、そうですよね。

私もその通りだと思います。

 

「自分の喜怒哀楽を読まれずに済む」のは

自分の感情を自由に表現することに抵抗があったり

本音を知られることを恐れているのかもしれませんね。

 

「自分がどのように相手に見られているか」というのは

自己重要感や自己肯定感と呼ばれるものが低い状態でもあります。

 

他にも肌荒れや歯並びを隠したいなども

マスクに依存するきっかけとなるかもしれませんね。

 

一時的に隠したいのではなく

顔の気に入らないところを

ダメだと否定し続けるのであれば

これは自己否定につながりますよね。

 

エスカレートすると

もしかしたら美容整形を繰り返すように

なってしまうかもしれません。

 

マスクをすると顔の判別が難しくなるので

声を掛けられにくくなりますよね。

そうやって人と関わらないようにしている人も

いるかもしれません。

 

このままだとマスクを外さないといけない場面を

避けて生活するようになっていく可能性もありますよね。

 

人に近づくのを避けていれば

一時的な安心感は手に入るかもしれませんが

それと引き換えに孤独ですよね。

 

■ 「人が怖い」は解消できる?

はい、結論から言うと解消できます!

 

 もし怖いと感じたときは、その感覚を否定せずに

自分は人が怖いんだなと、ただ自分を認めて

受け入れてあげてくださいね。

 

人が怖くなってしまった原因は必ずあります。

その元となった体験の感情を癒していくと

怖いという感覚も徐々に薄くなっていくと思いますよ。

 

そうすると自分から人に近づくことが

できるようになるので、さらに人が怖くなくなるはずです。

自分の心を見つめて、人と安心感で繋がる関係を築いてみませんか?