「ねばべき思考」が苦しい

こんにちは。

東京 世田谷の心理セラピスト 満月みつきのりこです。

 

「どうして生きるのがこんなに辛いの?」

「どうして自分らしく生きられないの?」

繰り返すそのお悩みをリトリーブサイコセラピーで

根本から解決します。

 

新年度が始まりましたね。

真新しいスーツに身を包んだ

新社会人が眩しいです。

 

初めて就職した時の

ドキドキした気持ちが

懐かしいな。

 

 

今日は「ねばべき思考」について

考えてみようと思います。

 

~ねばならない、~べき、と

つい思ってしまいませんか?

 

人と仲良くしなければならない

完璧にやらなければならない

期待に応えなければいけない

いい母親でなければならない

社会人はこうあるべき

努力するべき

など。

 

この考え方が強い人は

「常識では」や「普通は」という

言葉もよく使うかもしれませんね。

 

真面目で責任感が強い人に

多い気がします。

 

この考え方でいると

周囲から評価されたり

仕事や勉強で成果が出やすい

などメリットもたくさんありそうですね。

 

表面的にはうまくいっているけれど

どこか苦しさを感じてはいませんか?

 

~ねばならない、~べき、を使いたくなるのは

自分の気持ちより

人からどう見られるかや

世間の常識や価値観を優先している

状態であると思います。

 

そのため、この考え方が強すぎる人は

頑張りすぎたり

ストレスを感じやすので

うつ、不安障害、摂食障害になりやすい

ことが知られています。

 

この~ねばならない、~べき、は

自分を縛るだけでなく

パートナーや周囲の人にも押し付けてしまうと

関係が苦しいものになってしまいますよね。

 

そして押し付けた相手が

自分の思い通りにならないと

「自分はちゃんとやってるのに!」

「自分は我慢しているのに!」

「どうして自分ばっかり!」

このような被害者モードに

入りたくなってしまうかもしれません。

 

 

強すぎる~ねばならない、~べき、を

緩めていくにはどうしたらいいのでしょうか?

 

◇ 考え方を変える

 

~したほうがいいかもしれない

などに変換してみる。

 

◇ いろいろなふれあいを通して寛容な気持ちになる

 

例えば、ペットに触れている時

穏やかな優しい気持ちになりませんか?

 

これはオキシトシンという

ホルモンが関係しています。

 

オキシトシンには

不安やストレスを抑える

記憶力が高まる

親密な関係が長続きするように作用する

相手への共感を高める

などの作用があります。

 

オキシトシンを分泌するには

・スキンシップ

・動物に触れる

・マッサージ

・親しい存在と過ごす

・人に優しい言葉をかける

・感動する

などがいいと言われていますよね。

 

◇ なぜそう考えるようになったのか?原因を見つけて癒す

 

私が一番効果的だと思うのは

~ねばならない、~べき、と

強く考えるようになってしまった原因を

過去の家族関係から紐解き

その時の感情を癒していくことです。

 

 

どうしてこのような考え方を

身に着けてしまったのでしょうか?

 

もしかしたら子供の頃に

このような家庭環境だったのかもしれません。

 

◆ できても褒められないができないと責められた

◆ 何をしても褒められない

◆ 自分の意見を言わせてもらえなかった

◆ 親にとってのいい子だった

◆ 親が完璧主義だった

◆ 親が自信がない

◆ 親が負けず嫌い

◆ 親が支配的

 

子供の頃は家族でいるために

~ねばならない、~べき、という考えで

いることが必要だったのかもしれませんが

大人になった今

不要だと思えば自ら

手放すことができますよね。

 

子供の頃に感じていた

悲しみや恐怖に向き合って

癒していくことにより

強すぎる~ねばならない、~べき、は

落ち着いてくると思います。

 

この考え方を緩めていくことは

選択肢を増やし

人生の可能性を広げて

より豊かに生きることに繋がるのだと

私は思います。

 

仕事など必要な時や

やりたいことがある時

又は自分のポリシーとして

ある程度の~ねばならない、~べき、は

あって当然だと思いますが

自分や大切な人を縛ってしまい苦しいようなら

そろそろ生き方を見直す時なのかもしれませんね。